<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
My Family
d0016044_18225751.jpgアカ族の村で食堂建設のボランティアをした時に、私はこの家族の家に泊まっていました。

これはお別れの時にキッチンの前で撮った写真。もう別れが辛くて寂しくて泣きっぱなしでした...。本当の家族のように毎日寝食を共にしていたので、一緒に過ごした時間は忘れられません。
左はアマ(お母さん)で右はおばあちゃん。親子似ていてすごく親切で可愛らしい二人です。毎日笑いの耐えない日々でした。

おばあちゃんは毎日アカの服を着ています。伝統を守っていきたいんでしょうね。アマが持っているのは手作りのケータイ入れです。別れ際にプレゼントしてくれました。細かい色鮮やかな刺繍がすごくきれいです。
                                  
いつか必ず会いに帰りたいです。その時も家族の元気な笑顔を見れるといいなぁ!

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-11 08:45 | アカ族の村
仲良し
d0016044_12573217.jpgアカ族の村から滝へ遊びに行くときに撮った写真。なかなかお似合いの二人です。左の子はアヤと言う私のお気に入りだった女の子。すっごく可愛くて心の優しい女の子です。

仲良し」とか「親友」って何でしょう?ケンカをしないことが仲良しなのか、お互いを思いやるのが親友なのか、遠く離れていても心が繋がっているのが友なのか...人それぞれの考えがありますよね。

こっちの子供はケンカをする時は手加減なしで思いっきりぶつかり合うけど親ではなく、周りの子供たちが仲裁に入って気づけばまた一緒に遊んでいました。人間関係を学ぶにはとても良い環境だと思います。

関係ないけど男の子のサンダルの色がぁっ...オシャレは足元からだぞ~笑。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-10 12:56 | アカ族の村
Fashion3
d0016044_18312239.jpg第一弾第二弾に続きアカ族ファッションチェック!!今回は子供です。ちょうどお年頃な年齢で、カメラを向けると恥ずかしがってはにかんでいました。

しかし実はこの子は普段子供たちのリーダー的な存在で男勝り。私たちは密かに「女番長」と名づけて呼んでいます。私達の手を無理やり繋がせてはキャーキャーはしゃいでいました。
なのにブランコ祭り当日、衣装に着替えた途端、急にしおらしくなっちゃって。やっぱり年頃の女の子なんだなぁと思いました。

衣装はばっちり似合っていて可愛いです。ただサンダルが...おしいっ!この後ものすごい勢いでブランコをこいでいました。
女番長今頃元気に遊んでいるかなぁ。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-09 08:30 | アカ族の村
d0016044_12523675.jpgd0016044_12541085.jpg
















「影ススキ」と「影コスモス」
すっかりですね。
被写体がになる写真の撮り方って結構好きです。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-08 12:57 | いろんなこと
洪水
タイの旅も明日で終わりかぁ...という時に洪水に巻き込まれてしまった。
予定ではチェンマイ(CHIANG MAI)から寝台列車に乗ってバンコクへ戻り帰国となるはずだったが、前日の大雨の影響でチェンマイに近づくにつれて浸水し、駅の外はこんな感じに。
d0016044_12154816.jpg
下水関係の設備があまり整っていないらしく、たまにあるそうです。お陰で駅には列車が来れない状態なので急いでバスのチケットを手配し、1つ前の駅へ行くことに。
飛行機の時間もあったし、このまま乗れなくなって帰国日がずれるかと思い焦りました。翌日から出勤だったので。旅の思い出に刻まれました。

私が今まで体験した洪水の中で一番なのは小学生のとき、地元の隣の駅で腰まで浸かって帰った事です。福島のおばあちゃんちから帰ってきたらあふれかえってて急遽父母に隣の駅まで迎えにきてもらい、きったない泥水の中、手をつないで車まで歩いたのを今でもはっきりと覚えています。お父さん、お母さん、あの時はありがとう笑。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-07 12:39 | タイ
Bookman
d0016044_18352711.jpgA「ヘイ!この本買わないか
  い?」
B「最近本買ったばかりなんだ
  よなぁ。」
A「まぁいいからちょっと見てく
  れよ。」
B「まぁまぁだな。これは古本
  かい?」
A「状態はかなりいいぜ!」
B「じゃあクリスマスだし一冊
  買っちゃおうかな。」


こんなやりとりのように見えたドイツの街角での一枚です(あくまで想像。)左のお兄ちゃんちょっとかっこいいでしょ!?

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-05 18:42 | ドイツ
ミサンガ
d0016044_12254114.jpgアカ族の村へ行く途中で、物売りの子供たちにたくさん会いました。みんな手工芸の品々を持って売りに来ます。親も子供が売れば売れるとわかっている場合もあります。

しかしここで買ってしまうとこのまま子供が稼ぎ頭として使われてしまうので自立の意味を込めて買わないのです。寂しげな顔で「買って」と言われるとついつい買いたくなるがグッと我慢。

主に手織りのバッグやポーチや今や懐かしいミサンガ(プロミスリング←これがわかる人は同年代ですね。笑)を売りにきます。どれも完成度は高く、日本で買うよりは格安です。旅の記念に買いました。もちろん親から。この子も笑顔が素敵で人懐っこいな女の子でした。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-04 12:32 | タイ
洗濯
d0016044_123574.jpgチベット難民キャンプへ行ったときの写真。キャンプの区画を裏手に行き、崖を下ると川があります。子供たちがちょうど川で洗濯をした帰りです。

川で洗濯なんていうフレーズを聞くと、桃太郎じゃないけど昔の話のように聞こえるかな!?そのうちどんぶらこなんて何かが...って事はなかったけど、牛がどんぶらこと浸かって暑さしのぎをしていました。川で洗濯もなかなかいいですよ。

牛が上流に居るときはウンコとかがどっかしらで合流して流れてきてるんだろうなぁと思いつつ川遊びを楽しみました。遊んでしまえばそんな事はどうでもよくなってしまうんですよね笑。

ここの景色は絶景だったのでまた必ず遊びに行きたいです。ここに住んでいるチベット系青年と友達なんだけど、最近メールが返ってこなくてちょっと心配。デモに巻き込まれて無いかなぁとか、ガイドの仕事が忙しいのかなぁとか色々頭をよぎります。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2005-11-02 12:05 | チベット難民キャンプ