<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ジュレー
THFで活動中、初めの頃は事務所から15分ほど離れた民家の部屋を
借りて住んでいました。
d0016044_7361784.jpg
8畳ほどの部屋にドイツの女の子とルームシェア。
じゅうたん敷きの部屋はそれなりに過ごしやすかったが雨の日は大変。
十数か所から雨漏りが...当たり前のようにポトポト落ちてくる。
バケツ、ごみ箱、空き瓶、灰皿、あらゆる手段を用いたがそれでも足りなかった。
仕方なくじゅうたんに染みこませる事に。
あとで気づいたけど、その雨は一階の部屋にまで被害をもたらしていたらしい。

もう一つ不満というか嫌だった点は...蜘蛛!
私が最も苦手とする生き物が、しかも手足の長い大きなクモが何匹も徘徊している。
うぅぅ...と声にならなかったけど、覚悟を決めてそこで過ごすことにした。
見かけるたびに鳥肌が立っていたのは言うまでも無いが。
そういえばヤモリも見かけたなぁ。

そんなこんなですが快適に(?)過ごせました。

庭ではいつも仲の良さそうな女の子達が遊んでいました。
d0016044_7451529.jpg
三姉妹なのかはわからないけどこの家の子供です。
「ジュレー!」と挨拶をするとはにかみながら「ジュレー」と返す。
かわいい。やっぱりどこへ行っても子供の笑顔には癒されます。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-28 07:36 | ラダック
世界の車窓から
世界の車窓からのような列車の旅がしたい...と思う今日この頃です。
ここはタイのとある駅。
d0016044_7295392.jpg
寝台列車に乗って色んな国の人とおしゃべりをしながら、気ままな旅がしたいなぁ。
この時も寝台列車だったけど、決して立派ではないローカルな列車が好き。
でも時間を忘れてのんびり列車の旅をするにはまだ若いかも!?

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-25 07:29 | タイ
砂曼荼羅
砂曼荼羅って知ってますか?
仏教において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字などを用いて視覚的・象徴的に表わしたものを「曼荼羅」といいますが、それをで描いたものです。

ティクセゴンパに行った目的の一つは、砂曼荼羅を見ることでした。
実際に目の前にした時はその美しさと、精巧さに感動!
これが砂で描かれているなんて...とため息がでました。
d0016044_2320623.jpg
砂曼荼羅は僧侶が四方にわかれ、何日間かかけて描いていきます。
曼荼羅の円という形態は、その中心から宇宙が展がるプロセスを図案化したものです。
宇宙の構成要素が相互依存の因果関係にあるとされています。

砂は石英質の石をすり潰したパウダー状のものが使われます。
この素材は日本では銀閣寺などの庭の砂に使われるもので、
自然の光があたると反射してきらきらとひかり美しい光沢をもっています。
伝統的な砂曼荼羅はルビーなどの宝石をすり潰して作られていたが、
現在はアクリル系の絵の具で砂を着色されることが多いようです。

描き方は、細かい砂の入った金属の筒にもう一つの金属の棒を擦り合わせ、
台の上に少しずつ落としながら作っていきます。
僧たちは、このチベットの伝統芸術を学ぶために何年も腕を鍛え技術を磨くようです。

テレビでしか見たことが無いけど、筒を使って実に器用に描いていきます。
いつか生で描いているところを見たいです。
しかしこれを崩してしまうのは実にもったいないなぁ。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-22 23:16 | ラダック
24
今日24才になりました。
仕事が休みだったので、去年の誕生日からどれだけ前進したのかなぁ
と振り返りつつのんびり過ごしました。

様々な方からメッセージやプレゼントを頂き感激です。
この場を借りてお礼をさせていただきます。

Thankyou for everyone!!

春を待つのように、自分の中にまだたくさん眠っている蕾を少しでも
咲かせれるような二十四才の一年にしたいと思います。
d0016044_23483110.jpg

日々前進する「旅する家職人」をお見せできるよう頑張りますので
これからもご愛読宜しくお願いします!

Thankyou for everyday!!

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-19 23:44 | いろんなこと
Stop
カトマンズの街を歩くとこういう光景をしばしば見かける。
休憩しているトピーをかぶったおっちゃんの姿。
仕事が無いのか、単に休憩中なのか。
d0016044_98944.jpg
このステテコのようなおっちゃんの姿は嫌いではない。
日本の縁側でくつろいでる人を見ているような感じがする。

いいなぁ、こうやってたまには立ち止まりたい。
ゆっくり腰を下ろして流れゆく時間を眺めていたい...そう思う今日この頃。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-18 09:08 | ネパール
ギター
鉄塔ってよく見るとギターの弦みたい。
d0016044_9274214.jpg
よくこんなにたくさんの直線を組み合わせて作れるなぁ...って感心する。
今の日本にはなくてはならない物だけど。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-16 09:27 | 日本
頂上
フンダルへ向かい一泊したあとフンダルより更に2km先にある
デチェン・ツェモゴンパというところへ行きました。
ここも絶景なのでおすすめです。
一緒に活動をしていたドイツ人のHanaとラダッキのヤンチェン
三人で下のゴンパから順に見てまわりました。

見ているうちに頂上にチラッと見える建物も気になり始め結局登ることに。
ちなみにこんなに上まで行きました。
d0016044_11462737.gif
登る途中にもいくつかゴンパがあるので一つ一つ手を合わせて登っていきます。
巡礼をしているような気分。
道も良くないので崩れかけの段差があったり、変に足に力が入りがくがく。

標高もやや高めなのでゼーゼー言いながらも登りきると....



そこには最高の絶景が待っていました!
d0016044_1159264.jpg
写真はヤンチェンの後姿。
しばらく風にあたり、絶景に見とれて癒しのひととき。

頂上には城跡があります。
南京錠がかかっていたけど、もしかしたら...と思い手をかけると

カチッ

うぉ!あいた!

まさか開くとは思っていなかったから内心ドキドキ。
人骨とかでてきたらどうしよう。とか思いつつ中へ。
城跡での詳細はまた後日書きます。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-13 11:46 | ラダック
突き進む
チトワン国立公園の川。
今にも沈みそうな水面すれすれのボートで移動中、横ではゾウさんが横断中。
d0016044_20485810.jpg
この光景を見て、万が一船が転覆しても歩けるから大丈夫だと安心。
地元のおじさんは普通に腰まで浸かって歩いて渡っていました。
私も野生のゾウに乗ってワイルドに川とか渡ってみたいなぁ。
一番乗ってみたい動物はクジラだけど叶いそうに無い。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-10 21:07 | ネパール
UNIQLO
ラダックのKardongで出会った女の子。
d0016044_236585.jpg
この子ユニクロのCMに抜擢したいくらいフリースが似合う。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-07 23:07 | ラダック
美術館
先日、一月後半にオープンしたばかりの国立新美術館に行ってきました。
d0016044_21233946.jpg
設計は黒川紀章氏です。
右に見えるのは宇宙ステーションのようなレストランエリア。
企画展、公募展が開催されています。

オープンして間もないからやや混んでいるのはわかるけど
なぜかレストランに行列が。こっち目当てかいっ!て思うくらい行列でした。
もちろん私は並びませんでした。
まぁこれも楽しみの一つなんでしょうね。空いていればお茶したかったな。

建物の外観は曲線を多用したガラスのカーテンウォールで覆われています。
d0016044_21304591.jpg
モノクロで撮ったのでカラーを見たい方は六本木へGo!

以下ホームページより抜粋:
国立新美術館、サントリー美術館(2007年3月オープン)、森美術館。
この3つの美術館は、さまざまな連携を図り、六本木をアートに親しめる街にしていくことを目指します。新しい六本木の魅力=アートの散歩をお楽しみ下さい。

えっ?六本木ってアートを売りにしていたんだ...と初めて知りました。
すごくおすすめとは言いませんがふらっと美術館めぐりをするのもいいかもしれないですね。

ちょっとおもしろい写真が撮れました。
d0016044_21345855.jpg
さて何を撮ったでしょう。
美術館に行ってもこういう写真の素材ばかり探してしまうから
展示の内容をすぐ忘れちゃうんです。
美術館に招かざる客とは私みたいな人のことなんでしょうね。笑
何を撮ったかはご想像にお任せします。
答えが無い方が面白いでしょ?

たくさん歩いた後は友達と表参道のカフェに行ってランチ。
ここのカフェは結構お気に入り→Cafe de 武
人ごみを避けるようにちょっと裏通りに入ったところにあるので割と静かです。
カウンターもあるので一人でも落ち着きますよ。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-03 21:23 | 日本