カテゴリ:アカ族の村( 36 )
屋根の特徴
タイ北部には様々な少数民族が生活をしています。
これはアカ族の建物です。なぜ「アカ族」とわかるのか?
d0016044_13362546.jpg
屋根の先端の部分を見てください。竹の骨組みがクロスしています。
そう、これがアカ族の家の特徴です。

クロスしているのは「アカ族」、クロスせずにくっついているのが「ラフ族」の家なのです。
近くに住んでいてもどちらの民族か、見分けがつきます。
こんな風に独自の家づくりの技術を持っているなんてすごいですね。
家は竹と藁で出来ています。
厳密に言うと屋根の藁の組み方もアカ族とラフ族では違うんです。
言葉では説明しにくいので省略します。

この写真は近代的なバイク伝統の家が混在した一枚。
新しい文化が入ってくるのを象徴しているかのような風景です。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-07-07 13:44 | アカ族の村
Fashion6
d0016044_2043754.jpgアカ族ファッションチェック第5弾!
今回はブランコ祭りの時にカラフルな民族衣装で参加していたお母さん。
写真を撮らせてとお願いしたらかっこよくポーズを決めてくれました。

今まで見かけなかったカラフルな袖の柄が見事な着こなしです。
レッグウォーマーとお揃いの柄でとてもかわいかったです。
柄は全て布貼りと刺繍です。
一つ一つ丁寧に作っていく伝統衣装。

伝統を守ることはとても大変で、尚且つこれからの発展していく生活に合わせて守っていくのは本当に難しいことだと思います。
でもずっと受け継いでもらいたいと心から願います。

今までのファッションはこちら
1 2 3 4 5
Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-07-04 20:20 | アカ族の村
ブランコ
d0016044_13233119.jpgアカ族のブランコ祭りの準備中。
若者達がどこかから大きな木を持って集まってきました。

地面に深さ1mぐらいの穴を4ヶ所掘り、木を四方から立てます。するとあっと言う間にその木に若者が登り始めました。不安定な木を、あまりに見事に登るので見入ってしまいます。

そして木の皮でできたロープを使って四本の木を結んでいきます。慣れた手つきでどんどんブランコが組みあがっていきます。

子ども達も集まって周りではしゃぎながら見ています。こうして自然と作り方を覚えていくのかなぁ。余ったロープを使って子ども達は小さなブランコを作って遊んでいます。


d0016044_134631100.jpgロープで軽く体を固定しつつ、上で作業をしていて他の若者も下で見守っています。

完成したブランコはこんな感じ→ココ
ブランコ祭りの日、もちろん乗らせてもらいました。わーい!!

木板にまたがって、アカ族のおばさんに引っ張ってもらいます。すごい高さまで上がるし、ロープが股に食い込む...すごい楽しかったです。ブランコ祭りの様子はまた後ほど。
Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-06-24 13:35 | アカ族の村
6月
d0016044_1840656.jpgもう六月かぁ...早いなぁ。

もう二月かぁ...なんて言っていたのがついこの前の事のように感じるくらい時間の流れが早い。

アカ族にはブランコ祭りがあるからという訳ではないけど、子ども達も木の繊維で器用にブランコを作って遊んでいます。
自然の中で育った子どもは遊びが上手。子どもの手にかかればどんなものでも遊び道具になってしまう。

梅雨になって雨が降ったらお外でブランコで遊べないよぉ」...とか言う年齢ではなくなってしまったのがちょっと悲しいです。まぁ言うのは自由だけど。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-06-01 18:42 | アカ族の村
Fashion5
d0016044_20162296.jpgアカ族ファッションチェック第5弾。
かわいいキャミを着たおばあちゃん。

頭の飾りと足元はアカ族の伝統的なものだけど、このキャミは現代的。
色合い的にもおばあちゃんに良く似合っていました。

今までのファッションチェックはこちら。
Fashion 1
Fashion 2
Fashion 3
Fashion 4

どの人も個性的で素敵です。実際に伝統衣装を毎日身につけている人はもうほとんどいないので残念だけど、お祭りの時などは見ることができます。

文化を守るっていうのは大変なんだなぁと改めて思いました。

Blog Ranking←Click,please.


[PR]
by 1492-eri | 2006-05-27 20:36 | アカ族の村
それ、ちょうだい!
d0016044_20113793.jpg女の子のお菓子を物欲しげに見つめるちんこマン

「それ、ちょうだい!」
という表情でじーっと見つめている。

ずっと観察していたけれど
「だめ~。」とあっかんベーをされ、
結局お菓子はもらえなかった。

アカ族の子供達は表情豊かで見ていて飽きないです。

この二人も本当は仲良しなんだよ!子供の間にはよくある光景です。



Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-05-12 20:12 | アカ族の村
現場2
d0016044_17261823.jpgタイ北部、アカ族の村での食堂建設
現場1の続きです。

柱を建てたら基礎の部分を造ります。
手で曲げられるくらいの鉄鋼と針金を使って柱の周りに基礎の骨組みを組んで、木の板と竹の棒でその周りを囲い、セメントを流す型を作りました。

針金の固定の仕方を村の青年達から手取り足取り教えてもらい、言葉は通じないけど親切に教えてくれるのですごくわかりやすかったです。

水色の管は水道管です。
簡易な造りのものでした。


d0016044_17372289.jpg木の足場をかけて、屋根部分の骨組みを造っていきます。
(写真をクリックすると少し大きくなります。)

隣の幼稚園の壁に結構適当な穴を開けて思いっきり骨組みの木を差し込んでいたのでびっくりです。こんな造りで大丈夫かぁ!?とちょっと心配になったけど順調に作業は進んでいき、下のようにきれいに骨組みが出来ました。
現場3へつづく...。
d0016044_17492090.jpg
  Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-05-03 17:25 | アカ族の村
水道管!?
d0016044_233130100.jpgアカ族の村で元気な男の子2人が近づいてきた。

後ろで村の青年達がサッカーをしていたので、それを見ていたんだけどこの村ではどこで何をしていても子供達が近寄ってきます。人懐っこくてかわいい。

でもその手に持っているのは水道管!?どこの家のをはずして持ってきちゃったのか...やんちゃ盛りの男の子です。

私もステイ先の家で水浴びをしているときに水道管が外れてえらいことになってしまったけど故意ではないです。

雨が降った日とかは水量が増すので、山から直接引いている水道管に負担がかかるようです。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-04-24 23:50 | アカ族の村
やかんを持って
d0016044_2033859.jpgオレンジの服を着たアカ族の女の子。やかんを持ってどこへお出かけするのかな?
左の裸の男の子は通称ちんこマン。変な呼び方してごめんね。いつも上にシャツだけ着て下はのまま。でもこの子の行動がかわいくて、面白くて、すごく愛着が湧いてしまった。

他の子供と違う行動をすることが多かった彼。一つの事に異常に反応したりしていたので、多分彼は知的障害者なんです。

笑いながらバイクをずーっと走って追いかけたりしている姿がほんとかわいくて、気づけば彼の行動をずっと目で追っていたし、写真をいっぱい撮っていました。日本の子みたいな顔つきだからとても親近感がわきました。また後々写真で彼を紹介していきます!

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-04-21 20:38 | アカ族の村
ゾウさん
         昔、ゾウ使いになりたいと思った事があった。
         なぜかゾウさんに惹かれる。可愛くてしかたない。
d0016044_20455379.jpg

         きのう、お気に入りの象のピアスを片方なくしてしまいました...。すごいショック。
         安いピアスなんだけど、それにはたくさんの思い出が詰まっていて
         ピアスを落としたと同時に、思い出までも落としてしまったような気分になりました。

         いつも一緒に旅をしてきた象のピアス。
         この象を見ていたときも耳に付けていたんだなぁ。
         もう片方を大切に使っていこうと強く思ったきのうの出来事でした。
         
         Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-04-19 21:00 | アカ族の村