カテゴリ:タイ( 25 )
世界の車窓から
世界の車窓からのような列車の旅がしたい...と思う今日この頃です。
ここはタイのとある駅。
d0016044_7295392.jpg
寝台列車に乗って色んな国の人とおしゃべりをしながら、気ままな旅がしたいなぁ。
この時も寝台列車だったけど、決して立派ではないローカルな列車が好き。
でも時間を忘れてのんびり列車の旅をするにはまだ若いかも!?

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-02-25 07:29 | タイ
楽器と
久しぶりにタイの写真。
アカ族の村に向かう途中で、山岳民族博物館のような所があります。
そこには昔から使っている生活用具楽器などが展示されています。
d0016044_22542371.jpg
地元の女の子が来て、楽器の真似をしてのびのびー。かわいいなぁ。
赤土の壁がまたいい雰囲気をつくっています。
山岳民族の村にも近代化の波が徐々に押し寄せてきています。
時代の流れは止められないようで...。
だからこそこういった貴重なものはずっと残していってほしいと切に思います。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-11-11 23:04 | タイ
タイヤ
タイヤは私の宝物。
だっていっぱい遊べるから。楽しいから。
d0016044_9211343.jpg
半目なのがちょっとおしいけど、ラフ族のかわいい女の子でした。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-07-13 09:22 | タイ
Red&Red
ゴールデントライアングルへ向かう途中の食堂にランニング姿の男の子がいました。
ちょうど看板の赤い文字と、ランニングの赤ラインがおそろいだったので
食堂の看板息子!?っていう感じです。
d0016044_1353626.jpg
ここはメコン川を眺めながら食事ができます。
3種類のご飯を食べたけど、どれも美味しかったです。
造りは質素だけど、川から吹き抜ける風も心地よくて
暑さと旅の疲れを忘れられる心が落ち着く食堂でした。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-06-23 13:54 | タイ
パンツ
「パパ~、僕たちパンツはきたいよ~。」
「・・・・・。」
d0016044_14484034.jpg

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-06-15 18:23 | タイ
涅槃仏
バンコクで最古の歴史をもつ寺院、ワット・ポー(涅槃仏寺)。
本堂には全長46m、高さ15mの金箔を施した巨大な涅槃仏がいる。d0016044_20474633.jpg





顔でかっ!








d0016044_2051326.jpg





指紋多すぎっ!







金箔というより緊迫...まさに迫り来る大きさでした。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-05-26 20:49 | タイ
shop
d0016044_211590.jpgタイ北部、ラフ族の村にて。

彼女が売っているのはラフ族手作りの織物のバッグやアクセサリーなど。こんなにかわいい子が売っていたらついつい買ってしまいそうになる。

1つ1つ手織りだから全て違う模様でとても細かくてきれいで悩んでしまう。
ラフ族の村に来た思い出として、ミサンガを買って腕に付けました。

私の旅のこだわりというか癖というか、腕につける物をどんどん増やしていく習性がある。

出国時、腕には100均の腕時計。
帰国時は色んな所で買ったりもらったりしたアクセサリーや手工芸品がジャラジャラついている。

旅の良き思い出+自己満足です。結構これが旅の楽しみになっています。
アクセサリー全てに思い出があり、それを見るとここではこんなことをしたなぁ、こんな人と出会ったなぁ...とか色々思い出せるのもすごく好き。
これからの旅でもこの習性はそのまま続くと思います。
みなさんは旅でのこだわりとかって何かありますか?

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-05-24 21:01 | タイ
建物
タイ北部のとある山からアカ族の村へ帰る途中にあった建物。
赤土のような壁にの屋根で、かわいくてシンプルな創りだった。
d0016044_18295428.jpg
壁の文字を読んだ所、シンガポールのボランティア団体が造ったものだと思われます。
人が住んでいる訳ではなく、写真やちょっとした物が飾ってあった。

Mirrorの建物と色が似ている。こういう建物を見るのは好きです。
そして自分でもこういうちょっとした建物を最初から最後まで手造りしてみたいなぁ。
ジャンルは問わず「ものづくり」が大好き!!
(ペンはHI-TECの0.3,0.4,0.5㎜使用。愛用。)

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-05-16 00:02 | タイ
ありがとう
d0016044_1955693.jpgアカ族の村へ向かう途中、このおじいさんの家で昼食をとらせてもらいました。

私はミラーでもらった笹に包んだもち米とおかずを持っていたので高床の家を借りてランチタイム。

すごく親切なおじいさんでした。
できればいっぱい話をしたり、
家のお手伝いとかをしたかったけど先を急いでいたため、ランチの時だけの出会いになってしまいました。

写真を撮らせてくれた時の、歳を重ねたそのはにかんだ笑顔がとても素敵でした。

あの時は本当にありがとう!
ずっと元気でいてください。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-05-07 19:57 | タイ
ただまっすぐに...
d0016044_20442826.jpgその瞳の先には何が映っているの?

十年後にはどんな大人になっているのかな。

その真っ直ぐな瞳で、これから訪れる未来が見えているのかな?

でも今は未来が見えなくても大丈夫。

今を精一杯に生きていれば、たくさん笑ってたくさん泣いてたくさん遊んで、
ただ真っ直ぐに今を生きていれば、

その瞳に映ったもの全てが宝物になるんだよ。

私の目にはこの子の素敵な未来が、かすかに見えたような気がしました。

タイ北部、山岳民族博物館の裏にて。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-04-05 00:05 | タイ