カテゴリ:ラダック( 48 )
息抜き
ティクセゴンパの裏の階段で世間話をしている僧侶達を見つけた。
サングラスのボス(多分!?)を中心に何だかかなり盛り上がっていました。
気になってこそっと見ていたら、すぐ見つかってしまいアタフタ。
d0016044_017495.jpg
どうしよう...と思っていたらみんな気さくな人達で、色々話しかけてくるし
「君は中国人か?」「何でラダックに来たんだ?」と質問攻めでした。
最後には僧侶の一人がカメラマンになり、一緒に記念撮影までしてくれました。

厳粛な感じで経文を唱える姿の僧侶も好きだけど、この気の抜けたサンダル姿の僧侶の姿も好きです。
誰だって時には息抜きが必要なんだよね。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-01-21 00:17 | ラダック
ここでも...
何十回往復しただろうこの道。
レーで活動中によく通った道。
いつもと言っていいほど犬が寝ていました。
d0016044_11501671.jpg
以前紹介したようにレーの犬達は昼間寝ていて夜活動します。
ここでも、あっ!あそこでもって言うくらいよく寝ているので何匹いるのやら...。

素朴な疑問ですが、急坂で頭を下に向けて寝ている犬って頭に血がのぼらないのかな!?

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-01-15 11:50 | ラダック
安宿
宿決めについて。
旅に出た時必ずすること...宿探し
泊まる場所を探すのも旅の楽しみです。
レーではTHFのボランティアの事務所に居たのですが、滞在中にレーのどこかの宿に泊まってみたかったので何日かはゲストハウスに泊まりました。
d0016044_233052100.jpg
ここはおそらくレーの中でも激安だろうと思われるTAKゲストハウス。
メインの通りから少し入った所にあるのでちょっとわかりづらいだろう。
ここのお母さんがとても気さくで、一泊80Rs(200円ちょっとかな?)で泊まれました。

電気はよく停電するし、もちろんお湯も出ないけど私は好きでした。
民族衣装をまとっているおばあちゃんもとてもかわいかったです。
大部屋と一人部屋があるのですが私は一人部屋に泊まり、のんびり。
以前紹介したようにトカゲが同居していました。
部屋はこんな感じです。
d0016044_23363396.jpg
なかなか良くないですか?
裸電球も埋め込みの棚もあるし、ベッドも。
私はどの宿でもベッドの上に寝袋で寝ていますが。
もし貧乏旅行をされる方にはおすすめの宿なのでぜひどうぞ。
チャイをご馳走してくれたりもしますよ。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-01-07 23:44 | ラダック
今日の昼頃のTBS番組で、ラダック紀行がやっていましたね。
ここの景色懐かしいなぁ、冬のラダックもいいなぁなんて思いつつ見ました。

ここはティクセゴンパ
ラダックでは数多くのゴンパが丘の上に建っています。
もちろんレーのレー王宮も丘の上。
d0016044_18224682.jpg
私の好きなLEGO(レゴ)のような建物群。
レゴブロックのようにポコッと取り外しが出来そうな感じがします。
しかしよくこんな所に建てたもんだ。
昔の建築技術は本当に素晴らしいです。

ティクセゴンパを見ていて思ったこと。
「フランスのモンサンミシェルに似てない!?」
自分の目でこの二つの建物をじっくり見比べに行きたいです。
モンサンへ早く行きたい...。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-12-30 18:30 | ラダック
color
ティクセゴンパの僧侶。
実際にその場で写真を撮っているときはあまり考えていなかったけど
改めて写真を振り返るとラダックの荒涼とした景色の中だと
普段は普通の色なのに、より一層鮮やかに見えます。
d0016044_1451693.jpg
袈裟を直す僧侶の姿は、今にも空に飛び立ちそうな鳥のようにも見えました。

旅に出たい...帰国して約三ヶ月、また血が騒ぎ始めてきました。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-12-26 14:51 | ラダック
天と地
天と地がひっくり返りそうな感じがお気に入りの一枚。
建物がコロッと転がってきそう。
d0016044_23522783.jpg
チョルテンの白雲の白ってこんなに違うんだなぁ。
写真を撮っている間、私の頭の中はグルグルと景色が回っていました。
この構図は人物を混ぜて撮っても面白そう。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-12-15 23:52 | ラダック
リンリンリン
レーの街角におもしろい電話ボックスの絵を見つけた。
d0016044_17113952.jpg
アメーバのような帽子
ヒゲがあるのに口紅が...。
妙に筋肉質な右腕。

こういう絵って描けそうで描けない。
そこがまた興味をそそられる。
でも街で見かけた看板職人さんたちはみんな腕が良かったです。

街にはネットカフェに併設して、電話をかけられる所がたくさんあります。
ほとんどのところで国際電話もかけられます。
レーでも携帯電話が結構普及しているのには驚きましたが。

最後に一つ突っ込みたいのは...受話器が長いっっ!!

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-12-08 17:19 | ラダック
フラット
レーのほとんどの家々はフラットな屋根。
土仕上げの為、大雨が降ると部屋は雨漏りです。
d0016044_21205443.jpg
私が行ったときもたまたまモンスーンが山を越えてきてしまったらしく
雨が降って部屋中雨漏りでした。

雨が降ることはごくまれなので、一時的にビニールシートを敷いてしのぎます。
天気がいいときはこうして人が出てきて洗濯を干したり、日向ぼっこをしたり。
屋根の上で近隣の人たちと世間話をしたりしています。
こんな何気ない日常のひと時が好きです。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-11-28 21:30 | ラダック
装飾
デスキットゴンパに行ったとき、面白い装飾の付いた扉を見つけた。
何を意味するのかは聞かなかったけどとりあえず写真をパチリ!
d0016044_18333187.jpg
ガイコツが並んでいるような、牙をむき出しの顔がいるような...
なんだろうこれは。
わからないけどこういうの結構好き。

崖にそびえたつこのゴンパからの景色も最高なのでおすすめです。
僧侶の方々もフレンドリーで話しかけてきたり、笑顔がたくさん溢れています。
ちょうど食事の時間で、僧侶達がツァンパを運んでいたけど
階段が急だからお年寄りの僧侶はもちろん、若い僧侶までぜーぜーいって運んでいました。

標高だけはどうにもなりませんね。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-11-24 18:57 | ラダック
空へ
     へつづくがあるのなら
     迷わず飛び込んでいくだろう。
d0016044_20515183.jpg
     どこまでも、どこまでも
     果てしなくつづくの向こうを
     ちょっとのぞいて見たい。

     いつかきっと
     空への扉を開けてみせる。

     ラダックの空は限りなく青く、限りなく近く
     限りなく澄みわたっていた。
     この空は胸の奥にずっと広がっている。

     Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-11-14 21:05 | ラダック