カテゴリ:ラダック( 48 )
引き寄せられる...
最近よく思うこと。

ラダックに帰りたい。

無性にあの景色に呼び戻されている自分がいる。

青空、山々、人、星空...

なぜかラダックには人を引き寄せる力がある。ような気がする。

少なくとも私はすでに引き寄せられている。
d0016044_10141.jpg

こんな景色や...

d0016044_111439.jpg
あんな景色。

私の中でいう「絶景」とはまさにラダックそのものなのかもしれない。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2009-06-19 01:00 | ラダック
Olympic'08
オリンピックはじまりました!
いやぁすごい。

内柴選手、北島選手の金メダルは鳥肌が立ちました。
メダルに関係なく、どの選手も素晴らしい。
それまでの努力を一気にぶつけるこの舞台を見るのが楽しい。

世界一ってすごいよなぁ。
だって世界は広く果てしないから。

出来ることなら全ての競技、全ての試合を見たいくらい。

今年は北京だから時差があまりないのが嬉しい。

この努力する姿、見習わなくては。
学ぶことがたくさんです。オリンピックは。
d0016044_18101237.jpg

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2008-08-11 18:21 | ラダック
崖の上の
ラダックは基本的に山や崖が多い。
標高が高いので岩肌むき出しの崖などもよく見かける。

人間の知恵というのは実にすごいもので...
こんな崖にもゴンパが建てられちゃうんだよね。
よーく見てください。
d0016044_2150626.jpg

真ん中あたりにある白い建物郡がDeskit Gompaです。
よくこんな所に建てるよなぁ。感心、感動。
空の青さとあわせてため息がでる。

ラダックを旅してて歩くことが前よりもっと好きになった。
崖の裏から徐々に現れるゴンパを見ながら一歩一歩進んでいくのが好きだった。
ラダック禁断症状がでそうです。。。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2008-06-07 21:59 | ラダック
FREE TIBET!!
今だからこそ大声で叫びたい

FREE TIBET
d0016044_1992656.jpg

私達には何ができるのか。
中国の新華社経由のニュースは、中国当局の情報操作が施されているので、
まったくあてになりません。
日本の新聞やテレビで報道されている情報や映像の大半も新華社経由です。
CNNやBBC、Radio Free Asiaといった海外メディアのほか
次に挙げるブログなどを参考にした方が、より正確な情報が得られると思います。

チベット式
日本で最もチベットに詳しいフリーライター、長田幸康さんのブログ。

ちべ者
今後の推移を見守る際にも有効なブログだと思います。

■抗議の意志を表明するには

具体的にどのようにして抗議の意志を表明すればいいのか?
その方法について、チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)のサイトで詳しく紹介されています。

少しでも多くの人に事実が伝わること、伝えること。
微力ながらここで記事を書くことで中国に抗議します。

亡命チベット人の友達は今どんな気持ちで見守っているのだろう。
死者が出たことは非常に悲しい現実です。やりきれない思いで一杯です。
チベットがこんなに公の場に出たのは初めてではないでしょうか。

これ以上犠牲者がでないよう祈ると共に、
命を落とされた方には心よりご冥福をお祈りいたします。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2008-03-19 19:09 | ラダック
Back
ふとラダックの景色を思い出す。
あの青、あの空気、あの星...
d0016044_1684138.jpg
あーチベットにどっぷり浸かりたい。。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2008-01-14 16:08 | ラダック
古都
ラダックのレー。
Old Lehの地区を上から見た写真です。
この土くさい色の街が大好き。
d0016044_19514451.jpg
もともと土の建築が大好きで、世界中の土の建築を見てまわるのが夢。
来年はイエメンあたりに行ってみたいなぁって思ってます。
おすすめの土の建築があったら情報をください!

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-11-18 19:54 | ラダック
パーティー
レーで古くなった建物を修復してギャラリーにする仕事に関わった。
完成した日にこのプロジェクトに関わったみんなでちょっとした完成パーティーをひらいた。
d0016044_21251011.jpg
みんなでギャラリーの屋上でご飯を食べて楽しいひととき。
ご飯を食べているラダッキ女性達は大工さんです。
こう見えてみんな力もあるし、すごい働き者。
いつも感心して見ていました。

がんばったあとに食べたラダッキのカレーは格別に美味しかったなぁ。
もちろん今年も活動は継続中。
関われなかったのが残念だけど、またいつか行ってギャラリーに遊びに行きたいな。
ちなみに、このギャラリーに置いてあるパンフレットは私が作りました。
レーに行く機会があったら見てくださいね。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-09-10 21:28 | ラダック
恋しい場所
竹富生活も一ヶ月半経ちました。
こんなに自然豊かな素晴らしい場所に住んでいても、ふと恋しくなる景色がある。
ラダックだ。
d0016044_03339.jpg
ラダックを旅しているとき思ったことがある。
これから先、世界中を旅してもこれ以上の場所には出会えないかもしれない...と。

もしそれが本当でも構わない。
構わないと思えるくらいの「場所」がそこにはありました。
とにかく恋しくなるのがあの青い空、荒野、緑、星空、建物、人々。

次休みが取れたらどこへ行こう。
あれこれ悩んだ挙句、ラダックへ行きそうな気もしなくもない。

こんな風に思える場所に出会えたことに感謝です。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-06-20 00:08 | ラダック
ミルクティー
レーの街を歩き回り毎日作業に没頭していた日々。
空気が薄く暑い中、何度も現場をまわり足もクタクタ。

そんな時救われるのが一杯のミルクティー
d0016044_20223059.jpg
大工さんたちの休憩中に現場に居ると一緒にお茶しようと誘ってくれます。
このミルクティーが疲れた体に染みわたって疲れが飛ぶ飛ぶ。

沸点が低いため、出来たてのミルクティーでもちょうど飲みごろの温度。
お茶の葉をグツグツ煮込んでコンデンスミルクをたっぷり入れます。

お茶のつまみにみんなが食べていたのは何かの
手のひらに乗せて器用に口に放り込んでいました。
私も食べたけど、口の中の水分が一瞬で吸い取られ即ミルクティーを流し込んだ。
日本で言うとはったい粉みたいな感じ。

この大工さんたちとのひと時が大好きでした。

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-05-13 20:22 | ラダック
島へ
明日から約一週間ほど八重山諸島の竹富島へ行ってきます。
お金がないので途中船も使いつつ、安宿に素泊まりしつつの旅です。
帰ってきたらのんびり撮った写真をここで紹介するので
楽しみにしていてください!
d0016044_9273534.jpg

Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2007-04-03 09:27 | ラダック