現場2
d0016044_17261823.jpgタイ北部、アカ族の村での食堂建設
現場1の続きです。

柱を建てたら基礎の部分を造ります。
手で曲げられるくらいの鉄鋼と針金を使って柱の周りに基礎の骨組みを組んで、木の板と竹の棒でその周りを囲い、セメントを流す型を作りました。

針金の固定の仕方を村の青年達から手取り足取り教えてもらい、言葉は通じないけど親切に教えてくれるのですごくわかりやすかったです。

水色の管は水道管です。
簡易な造りのものでした。


d0016044_17372289.jpg木の足場をかけて、屋根部分の骨組みを造っていきます。
(写真をクリックすると少し大きくなります。)

隣の幼稚園の壁に結構適当な穴を開けて思いっきり骨組みの木を差し込んでいたのでびっくりです。こんな造りで大丈夫かぁ!?とちょっと心配になったけど順調に作業は進んでいき、下のようにきれいに骨組みが出来ました。
現場3へつづく...。
d0016044_17492090.jpg
  Blog Ranking←Click,please.
[PR]
by 1492-eri | 2006-05-03 17:25 | アカ族の村
<< 禅語 水上学校 >>